真田幸村と共に活躍した真田十勇士は明治時代の終わりに立川文庫によって広く知られるようになったそうです。

実在した人物をモデルにしたものも、完全に架空のものもあるそうですね。

真田十勇士は本や映画、舞台まで幅広く取り上げられています。

 

十勇士の名前と特徴はこんな感じ。

霧隠才蔵

伊賀流忍者。太郎山の霧から雲隠れの術を会得したことから、この名が付いたようです。

猿飛佐助

この人は有名ですね。真田十勇士を知らなくても、この名前は聞いたことがあるんじゃないかなぁと思います。こちらは甲賀流忍者。十勇士には伊賀流も甲賀流もいたんですね(知らなかった・・・)。

望月六郎

火術が得意で真田幸村の側近として智謀をふるった。

三好青海入道

名前からも見た目も力持ちで筋金を打った樫の棒を振り回して敵と戦ったらしいです。

根津甚八

俳優にこんな名前の人いますね。本名は根津透って言うんですが、真田十勇士の「甚八」をとって芸名にしたそうです。十勇士の中では真田幸村の影武者の一人だったそうです。

由利鎌之助

名前からも想像できるように「くさり鎌」の名手。同じ十勇士の穴山小助に捕えられて、真田幸村の家来になったそうです。

三好伊佐入道

青海入道の弟。こちらも力持ちだ大男。兄より怪力だったという話もあるそうな。

海野六郎

知略に長けた十勇士のまとめ役、リーダー。

筧十藏

鉄砲の名手。大阪の陣で鉄砲隊を率いて活躍した。

穴山小助

槍の達人であり、幸村の知恵袋。影武者としても活躍。

 

この真田十勇士のフィギュアが上田市の街中にあるので、見つけてみるのも良いのではないでしょうか。

上田城下町散策

自分も全てではないですが、いくつか見つけて写真を撮ったので、別の記事で載せますね~。